建物の骨組みと言えば、柱や梁の他に忘れてはならないのが、筋交い。
これは、地震や台風などで家が倒れないように横から受ける力に対して、
しっかりと食い止める役割を果たしています。また、2×4工法などで用い
られている構造用合板を体力壁として使用する方法もあります。
近年は、建築基準の強化、補強金物の普及により、強度や耐震性能が
高くなってきています。最上構房では、柱、梁の接合にスクリュービーム
という最新耐震金物で強固に接合しています。



トップページへ 前のページへ