在来軸組金物工法は、柱や梁などの『軸』で支える構造です。

木材を使用した土台と柱と梁(はり)で建物を組み立て、筋交いなどの斜めに

入れた木材で骨組みを補強する日本の伝統的な工法です。

一般には、在来工法と呼ばれています。在来工法は、日本の風土に最も適し、

長く引き継がれ発展してきた工法なのです。

昔は、釘や金物など使わず、接合するところは継ぎ手や仕口といったものが

使われていましたが、当社では、接合箇所に特殊な形をした金物を使用し、

従来の工法の何倍もの強度をもたせています。






トップページへ 前のページへ