ツーバイフォー工法は、火災に強い。
木は火災に弱いと思われがちですが、2×4で使用される製材は表面が燃えて
炭化すると逆に燃えにくくなり、燃え残った中心部が強度を保って建物の倒壊を
防ぎます。
室内の天井や壁の全面に、炎があたると内部に含まれた「結晶水」が熱分解を
起こして水蒸気を発生させる石膏ボードが貼られていますので、室内の温度上
昇をくい止め、構造材に炎がうつるまでの時間を遅らせます。
また、壁内部の仕切られた空間が火の通行を止める防火シャッターのような働
きをします。これらのことから2×4工法は『ファイヤーストップ構造』とも呼ばれ
ています。

 
  ↑石膏ボード施工状況


トップページへ 前のページへ