木造住宅の耐久性を高めるには、湿気から守ることが重要になります。

ツーバイフォー住宅では、ほとんどの構造用製材に含水率19%以下の乾燥材
を使用します。その他にも、土台には薬剤の加圧注入によって防腐・防蟻処理
を施した木材を使用します。
床下の地盤面には、防湿シートを敷き詰め、地盤面からの水蒸気を遮断します
また、床・壁・天井の断熱材使用で室内と室外の温度差を和らげ、気密シート
を用いるなどして、結露の発生しにくい住まいを実現します。



 ↑ 気密処理状況

トップページへ 前のページへ