ツーバイフォー工法は、木材資源の豊かな北米で生まれ発達した工法です。
この工法により建てられる住宅の構造材(ディメンションランバー)の断面サイズが
『2インチ×4インチ』が多く使用されているためこの名が付きました。
日本では、その構造の形態から 「枠組壁工法」という呼び方が正式な名称に
なっております。
【2×4構造材の種類】
番号寸法形式乾燥材(mm)
厚さ×幅
120438×89
220638×140
320838×184
421038×235
521238×286
640489×89


トップページへ 前のページへ